「ダイエット中の食事は何時が理想的なの?」

「食べたら太りやすい時間はある?」

など、食事と時間の関係について疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のために、ダイエットと食事時間について、身体のリズムを踏まえて理想の時間帯を解説していきます。

身体のリズムを知ろう!

私たち人間の身体は、1日を3つのリズムに分けて生活を送っています。

それは

・排出

・代謝

・吸収

です。

この3つのリズムは、それぞれ優位になる時間帯が決まっています。

そのリズムに合わせて、食事の時間や量を決めていくと正しいダイエットに繋がりやすくなるのです。

排出

朝の4時から12時までは「排出」に適した時間と言われています。

身体に入っている食べ物の中で、いらなくなったものを身体の外に出す時間です。

身体にとって新しい栄養素を吸収するためには、まずいらなくなったものをしっかりと身体の外に出していく必要があります。

なので、排泄をしていくことはとても重要なのです。

では、排泄をするために特にするべきことはなんだと思いますか?

それはしっかりと食事で噛むという行動を起こすことです。

噛むことによって胃直腸反射が起き、腸内が動いてくれるんです。

朝の時間帯はしっかりと噛むことを意識して食事を摂り、排泄をすることがこの時間の1番の目的と考えていきましょう。

代謝

お昼の12時から20時は「代謝」に適した時間になります。

つまり、食べたものがエネルギーとなりやすい時間。

1日の中で食べても一番太りづらい時間帯とも言えます。

もし甘いものが食べたくなったら、この時間帯で摂るのもいいでしょう。

この時間にしっかりと動くためのエネルギーを補給することが、空腹や我慢を感じず、無理なくダイエットができるかどうかのポイントになります。

吸収

夜の20時から4時までは「吸収」に適した時間になります。

この時間は摂取した食べ物(栄養素)を積極的に吸収し、身体にため込もうとする時間

1日の中で消費した栄養素はここで吸収され、睡眠中に身体の一部として同化されていきます。

と同時に、食べすぎると脂肪としても身体に取り込まれやすい時間帯にもなるということもお忘れなく。

一般的に20時以降食べ過ぎると太りやすいと言われているのもこの理論に当てはまっていきますね。

食べても太らない時間はある?

上に書いた3つのリズムに基づいて書いていくと、太りづらいタイミングは「代謝」の時間。

つまり、12時から20時までの間になります。

その中でも太りづらい時間と言われているのが15時です。

実際に、ネズミを使った実験でも15時が一番太りづらいという結果が発表されています。

ダイエット中にもし食べたくなったら、この時間に食べることがおススメです!

ちなみに、同じくネズミの実験で一番身体に吸収されやすい時間帯は夜中の2時から3時の間との結果も出ています。

「吸収」の時間(特に夜中)にたくさん食べると身体に同化しやすくなってしまうので、この時間の食事は注意していきましょう。

食事はどれくらい空けて摂るべき?

食べ物を摂取・消化していく中で食事の間隔は6時間程度空けるとよいと言われています。

また、食事の時間帯を考えるときに基準となるのが寝る時間。

夜ご飯は、寝る時間の最低でも3時間前には食事を済ませておきたいです。(できれば5時間前)

すると夜ご飯の時間が計算できますよね。

そこから大体6時間くらい前が昼ごはん。

さらに6時間前が朝ごはん。

こんな感じで逆算するのも一つの方法です。

お仕事などで食事の時間が決まっている人はしょうがないですが、食事時間を決定するときの参考にしてみてください。

自分の型を持って

ここまでの内容をまとめていきましょう。

・朝→量は少なめ。噛むことが目的。目安時間は8時くらい。

・昼→量は1番食べていい時間。目安時間は12時くらい。

・夜→これから活動しない為、カロリーが高くなり過ぎないように。目安時間は18時くらい。

こんな感じですね。

食事をするときに基本の型を持っておくと、行動を継続しやすくなります。

ダイエットは行動の継続が基本なので、この型はとても大切です。

正解は1つではありません。

自分なりの型を持って、うまくダイエットが出来るための参考になっていると幸いです。